ドイツの正式名称や国名の由来・語源

ドイツの正式名称はドイツ連邦共和国と言い、1990年に東西ドイツが統一されたことによってできました。ドイツが初めて建国されたのは1871年のことで王政だったためドイツ帝国でしたが、第一次世界大戦後には共和政になりました。その後ドイツは第二次世界大戦の影響で東西に分かれ、東はドイツ連邦共和国、西はドイツ民主共和国と名乗っていました。その後ソビエト連邦のペレストロイカの影響でベルリンの壁が崩壊し、ドイツは東西の統一を果たしたというわけです。

 

「ドイツ」という名前の由来

日本ではドイツと言いますが、国によって呼び方が異なりアルマーニュやジャーマニーなどと呼びます。そしてドイツという名前の由来は諸説あり正しくは分かっていませんが、ドイツ語の「ドイチュラント」からきているというのが有力です。ドイチュラントというのはフランク王国の時代にゲルマン語を使う民族を「ドイチュ」と読んでいたことに由来し、「大衆」という意味を持っています。

トップへ戻る