ドイツの国章の意味・歴史

0_heraldry_national_germany.png

 

デザインの意味

鷲:勇猛・力・無敵
金(黄):名誉
赤:情熱
黒:勤勉

 

国章の歴史

ドイツの国章は8世紀のカール大帝()が治めていたころから使用されており、その頃から鷲が用いられていました。鷲は力の象徴としてその後も使用され続け、13世紀頃には神聖ローマ帝国の皇帝により使用されていました。
その後もワイマール共和国、ナチス時代なども使用され続けました。その後、第二次世界大戦後、1950年にドイツ連邦共和国(西ドイツ)の建国にあたり、新しい国章が採用されました。
同年建国のドイツ民主共和国(東ドイツ)も、ソ連の国章デザインに似たものを新設しましたが、その国章は1990年のドイツ統一により消滅しました。

 

※カール大帝(742年―814年)…初代神聖ローマ皇帝(在位:800年―814年)。「ヨーロッパの父」とも呼ばれ、西ヨーロッパを政治的に統一した皇帝となります。

 

トップへ戻る