ドイツの基本地理

デザインの意味ドイツの国旗は等間隔に分割された横縞の三色旗で上から黒・赤・黄の順で配置されています。黒・赤・金はそれぞれ名誉・自由・祖国を表しているとされています。色の由来に定説はないとされますが、ドイツの前身となった神聖ローマ帝国の紋章である、金地に赤のくちばしを持った黒い鷲に由来するのではないかという説もあります。歴史1848年革命の中で、ドイツ統一を求める自由主義者によってデザインされました...

デザインの意味鷲:勇猛・力・無敵金(黄):名誉赤:情熱黒:勤勉国章の歴史ドイツの国章は8世紀のカール大帝(※)が治めていたころから使用されており、その頃から鷲が用いられていました。鷲は力の象徴としてその後も使用され続け、13世紀頃には神聖ローマ帝国の皇帝により使用されていました。その後もワイマール共和国、ナチス時代なども使用され続けました。その後、第二次世界大戦後、1950年にドイツ連邦共和国(西...

トップへ戻る